Blog

スタッフブログ

甲斐駒ヶ岳を背にして、息子と凧揚げ。

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

 

子どもとの時間を通して、

これからも、

北杜市で生活する私の無添加スタイルをお伝えしていければ幸甚です。

北杜市でむかえる無添加な朝 

武川町からみえる八ヶ岳ブルー。

北杜市でむかえる無添加な朝 

正月早々から自宅の巨石でポーズをとる息子

 

2017年のお正月は1月2日から自宅建築をしており、

寒い中、外壁の炭化コルク張り、室内の断熱材の工事をしておりました。

 

 北杜市でむかえる無添加な朝 

外壁の炭化コルク(外断熱)

 北杜市でむかえる無添加な朝 

部屋の中の断熱(内断熱)

 

 

2020年の住宅の断熱性能がかわる中、

先行して、北海道よりも上回る断熱基準にした自宅は、暖かく、

 

日射を取得する設計にしたので、

朝の冷える時間帯でも、

リビング、和室、キッチンに朝日があたり、室内で日光浴ができます。

 

また、吹き抜けがある1,2階、約70畳の広さを、エアコン1台で寒くなく過ごせます。

 

そして、

室内の空気の良さを実体感した中で、

お勧めできるのが、無添加住宅の家だと、これからも提案し続けます。

 

長年暮らす家を、

品質重視にすれば、30年で経済的になるのは、間違いないと感じます。

 

価格重視だと、

30年で不経済になるのは、自宅建築からよくわかりました。

 

おかげさまで、現在、お客さまからお問い合わせが多く頂いておりますので

 

本年は甲府市方面、北杜市内で、完成見学会が開催することができそうです。

 

 

北杜市、甲府市を合わせると、標高1200m~300mの違いや、

冬至の15時過ぎには日陰になる地域、住宅密集地等々あるので、

一概には『この仕様』とは言えませんが、様々な環境に合わせて、

ベストな家創りをご提案させて頂きます。

 

今年も『無添加住宅北杜 ShozenDesign株式会社』を宜しくお願い致します。