Blog

スタッフブログ

湿度を通しやすい材料を使用しましょう。

外壁面材に合板を使用しないのが、無添加住宅北杜の特徴です。

日本の住宅の耐用年数は平均26年。そのわけは。。。

 2

ズバリ内部結露です。

 

 

構造用合板は3ミリ厚のベニヤを縦横、接着剤を用いて、積層し、材料強度を持たせ、耐震等級を確保していますが、接着剤を使用しているために、壁内の湿度を外部に通しにくく、なっています。

そのため通気工法を用いても、湿度が抜けにくい

透湿抵抗が高い(湿度を通しにくい)材料よりは、

透湿抵抗が低い材料を使用することが重要です。耐震等級が確保できて、湿度を通しやすい材料が各社から出ておりますので、構造用合板よりそちらを利用してみてください。

 3

ハイベストウッド

 

 4 1

ダイライト

 

 

他にも、モイスという材料がありますが、弊社ではまだ採用したことがありません。

キーワードは【透湿抵抗が低い材料を下地】になります。